Top >  円形脱毛症の症状 >  脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

スポンサードリンク

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)とは、頭皮からの過剰な皮脂分泌が原因となり、脱毛が止まらず、発毛もできなくなるという状態です。脂漏性脱毛症は男性ホルモンの分泌過剰など、内分泌が原因という説が有力ですが、真菌の一種であるマラセチア真菌が原因とも言われています。

皮脂腺の発達した体質が脂漏性脱毛症の原因に深い関係があると言われています。皮脂腺が発達している人の場合、過剰な皮脂分泌が行われ、酸化してベタついた脂性のフケができます。

脂性のフケは洗いにくく、頭皮の毛穴が詰まりやすくなります。その結果、頭皮に背筋が繁殖しやすくなってしまい、炎症を引き起こし、それが脱毛へとつながるのです。

脂漏性脱毛症に限らず、円形脱毛症の場合でも、日ごろの頭皮ケアに気を配ることは大切です。汚れや頭皮の脂、フケ等が毛穴をふさぐと、脂漏性脱毛症や、円形脱毛症の進行が早まる可能性があるといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)  |  トップページ  |  次の記事 分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4930

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。