Top >  円形脱毛症の症状 >  瘢痕性脱毛症(はんこんせいだつもうしょう)

スポンサードリンク

瘢痕性脱毛症(はんこんせいだつもうしょう)

瘢痕性脱毛症とは外傷、熱傷、ガンの放射線治療、頭皮のおできなどによる傷跡が原因と起きる脱毛症です。火傷や外傷による傷が治癒する過程において、皮膚が引きつったような状態になることがあります。

瘢痕性脱毛症は、火傷や外傷が治った後で再び発毛するケースもありますが、発毛が難しい脱毛症の一つと言えます。
瘢痕性脱毛症であれば、外科手術により縫合することにより目立たなくさせることも可能ですが、症状の度合いによっては、それも難しいと言わざるを得ません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)  |  トップページ  |  次の記事 中毒性脱毛症(ちゅうどくせいだつもうしょう)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4934

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。