Top >  円形脱毛症の症状 >  中毒性脱毛症(ちゅうどくせいだつもうしょう)

スポンサードリンク

中毒性脱毛症(ちゅうどくせいだつもうしょう)

中毒性脱毛症は、高熱を伴う病気や、抵抗力が弱まったときに精神的ストレスが原因で起こる脱毛症です。
急激な高熱を伴うような重い病気、手術などが原因と発症します。
甲状腺や下垂体の機能低下によっても発症するケースもあります。
中毒性脱毛症による抜け毛は、原因となる病気や出来事{心身のストレス}が生じてからすぐ、あるいは3ヶ月から4ヶ月後から現れ始めます。
通常、中毒性脱毛症による抜け毛は一時的なもなので、原因となる病気やストレスが解消されれば髪の毛はまた生えてきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 瘢痕性脱毛症(はんこんせいだつもうしょう)  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症患者の苦悩その1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4935

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。