Top >  円形脱毛症の原因 >  円形脱毛症患者の苦悩その2

スポンサードリンク

円形脱毛症患者の苦悩その2

多発性などの重度の円形脱毛症になると、もはや自前の髪の毛で患部を隠すという無理になってきます。円形脱毛症で毛が抜け落ちた姿は病的で、様相を呈しています。
円形脱毛症で精神的にも参っている身としては、できれば患部は隠していたいものです。
小振りで地味な帽子を被っていましたが、それでも、社会生活を行う以上、いつでもどこでも帽子を被っていることが許されるワケではありません。
事情に理解を示してくれて、帽子着用が許されたとしても、それはそれで本人としては不本意な目立ち方をして視線を生活を余儀なくされるという意味では、有無は知れません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症患者の苦悩その1  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症患者の苦悩その3  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4937

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。