Top >  円形脱毛症の原因 >  自己免疫疾患について

スポンサードリンク

自己免疫疾患について

円形脱毛症の原因については、よく「ストレスだ」とか「自己免疫疾患だ」とか言われているようですが、文献を読んでいくと、結局のところ「ハッキリわかっていない」という結論に辿り着きます。説とされているのが自己免疫疾患です。
免疫システムは自分とそれ以外のものを区別することがで異物に対して反応します。
それら異物は抗原と呼ばれます。微生物、癌(がん)細胞などは、その細胞の中や表面に抗原をもっています。分子などは、それ自体に抗原性があります。
免疫システムが機能不全を起こすと、組織を異物だと間違えて認識してしまい、自己抗体と呼ばれる異常な抗体や免疫細胞をつくり、特定の細胞や組織を標的に攻撃してしまいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症患者の苦悩その10  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症の原因をザックリ考える  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4946

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。