Top >  円形脱毛症の原因 >  自律神経失調症について

スポンサードリンク

自律神経失調症について

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる病気です。自律神経とは、意思とは為に活動しています。
生命活動を活発にする働きがあり、副交感神経はその逆の働きをします。
借りますが、睡眠不足などで休む時間が減ると自律神経が興奮しっぱなしという状態になり、交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症になると言われています。
症状としては、めまい、動悸、冷や汗が出る、脈が速くなる、動悸がする、血圧が激しく上下する、立ち眩みがする、耳鳴りがする、イライラ、症状が現れることもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自律神経の乱れはどうなのか  |  トップページ  |  次の記事 ストレスとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4950

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。