Top >  円形脱毛症の治療と対策 >  医食同源的思考

スポンサードリンク

医食同源的思考

円形脱毛症とは、その原因が体内からものだという認識を持つことが必要です。
内側から来る症状に対して、外側から塗り薬等を塗ることは、そもそも後手の対策と言わざるを得ません。
円形脱毛症を患っていたというのでなければ、その原因はその後の生活習慣の中にあると言えます。

生活習慣の中には当然「食事」というのも含まれるはずです。

円形脱毛症という症状は、身体の健康状態のバランスが崩れた状態です。
基本的な部分を疎かにしていなかったか振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ストレス解消  |  トップページ  |  次の記事 精神的なストレス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4969

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。