Top >  円形脱毛症の治療と対策 >  自己免疫疾患

スポンサードリンク

自己免疫疾患

免疫系の機能は、細菌・ウイルスや腫瘍などの自己と異なる異物を認識し排除することです。
円形脱毛症の原因のひとつと言われている自分自身の正常な攻撃を疾患の総称です。
リンパ球は血液中に存在していますが、肝炎といった炎症が起きると、その炎症部位に集まり、その炎症を鎮めようとする働きがあります。
円形脱毛症の原因が「自己免疫疾患」の場合、リンパ球は根元へと集まって来て、毛根を攻撃するのだと言われています。
円形脱毛症の症状は、免疫異常疾患(甲状腺疾患や糖尿病、アトピー性皮膚炎など)と起こる場合が多いと考えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 子供の抜け毛  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症とアトピー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4972

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。