Top >  円形脱毛症の治療と対策 >  局所免疫療法

スポンサードリンク

局所免疫療法

多発性円形脱毛症のほか、全頭型、汎発型、蛇行型などの非常に治りにくい種類の脱毛症の治療には、一般的にステロイド外用薬などが使われますが、十分な効果が得られない場合も多いようです。これら難治性の円形脱毛症に対しては「局所免疫療法」が有効であると言われています。
「局所免疫療法」とは、かぶれを起こしやすいSASBEやDPCPという化学物質溶液を、円形脱毛症の患部に、1~2週に皮膚炎を起こさせる方法です。
多発型で67%、全頭型で53%、汎発型で38%、蛇行型で0%となり、治療による副作用として、湿疹、しんましん、アトピー性皮膚炎の悪化などが見られたようです。かぶれが起きることがあるので、治療を開始する前に、病院で医師に相談する必要があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ドライアイス療法(冷凍療法)  |  トップページ  |  次の記事 PUVA療法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4977

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。