Top >  円形脱毛症の治療と対策 >  円形脱毛症フロジン物語その1

スポンサードリンク

円形脱毛症フロジン物語その1

円形脱毛症にかかった時、最初に診て貰った病院は、その頃、治療で通って整形外科でした。時、ボコボコに頭に円形脱毛症を作った私が病院に行くと「とりあえず、これでも塗っておきなさい」的に処方されたのがフロジン液でした。
多発性円形脱毛症の私は患部の部分が多すぎて、結局、頭全体に振りかけるようにしてフロジン液を塗りたくりました。心臓がバクバクしてきました。
頭皮はスースーするのですが顔はなんだか熱くなってきてるような感じがしました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 髪の毛が再生するステップ「完製頭髪期」  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症フロジン物語その2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4992

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。