Top >  円形脱毛症の治療と対策 >  円形脱毛症 小さな皮膚科物語その1

スポンサードリンク

円形脱毛症 小さな皮膚科物語その1

個人病院なら、話を効いてくれるかも知れない。
病院なので、施術をほどかされるとかいう期待はからしていませんでした。
フロジン液が欲しいだけなので、待ち時間が短そうだという理由だけで選んだ病院でした。
その病院で診察して貰ったところ、ひとしきり頭をこねくり回した医師は「う~~ん。ほんとは注射を打つと一番イイんだけど、頭に注射打つのは血が出て可哀想だから、クリームを処方してあげましょう」とメチャクチャ生ぬるいことを言って、筆者をガッカリさせてくれました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症 大学病院物語その3  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症 小さな皮膚科物語その2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4998

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。