Top >  円形脱毛症の治療と対策 >  円形脱毛症 小さな皮膚科物語その2

スポンサードリンク

円形脱毛症 小さな皮膚科物語その2

円形脱毛症患者の気持ちは、円形脱毛症患者にしかわからないな・・・というのが、個人病院に行ってみて思ったことです。

円形脱毛症で死ぬほど悩んでる者にしてみれば、痛かろうが、血が出ようが、それでこの10円ハゲが治るんなら、どんなことでも我慢するよ!というのが本音です。
血が出て痛いのは、その医師では患者なのだから、ブチまくっていただきたいものです。
円形脱毛症を患って、心身ともに疲弊しきってる当時の筆者には「先生、イイからブットイ注射をぶってください」と懇願する気力も無かったのです。
帰り際に軟膏を渡されて帰りました。
こんな効くんだか効かないんだかわかんないような軟膏を貰っても嬉しくありませんでした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症 小さな皮膚科物語その1  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症 小さな皮膚科の小さな軟膏その1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4999

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。