Top >  毛髪の基礎知識 >  円形脱毛症と漢方コラム2

スポンサードリンク

円形脱毛症と漢方コラム2

その漢方薬剤師によると、症状そのもの、あるいは患部そのものは「結果」であり、西洋医学は結果に対してアプローチするスタイルの医療であり、それとは逆に漢方などの東洋医学は「原因」に対してアプローチする医療と言えるだろう・・・とのこと。円形脱毛症の症状とは、患部である頭皮にばかり何か処置をするというのは、対策でかないということでした。
私は、その後、漢方薬を試すようになります。
生活の中でこの考え方を意識するようになりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症と漢方コラム1  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症と漢方コラム3  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5012

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。