Top >  毛髪の基礎知識 >  円形脱毛症と漢方コラム7

スポンサードリンク

円形脱毛症と漢方コラム7

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)を飲み始めた最初の頃は、飲んでいましたが、試しにある時、そんなにマズイというワケでもない気付きました。
服用に際しては、お湯に溶いて飲むべきなのでしょうが、時間がないときなどは、粉を口に含んで、その後、水で流し込むような飲み方をしていましたが、たぶん、それだと吸収できなさそうだなと時間と気持ちに余裕がぬるま湯に溶いて飲んでいました。

服用は一日3回。
食前とか食間、なるべく空腹時が良いようです。服用を続けている時期は、寝付きがよくなりました。
寝付きが良くなることで負担もだいぶ軽減されることになったと思います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症と漢方コラム6  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5017

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症を克服する」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。